M5Camera用開発環境

 M5Cameraは、カメラユニットとESP32というマイコンユニットを組み合わせたものです。ESP32マイコンに新しくプログラムを書き込むと、別の動作をさせることができます。

 また、SSIDを変更するなどの改造をする場合も、以下に示す開発環境を整えて下さい。

 こちらのM5Stackサイトのページなども参考にしてください。

   https://docs.m5stack.com/#/en/arduino/arduino_development

 「走れ!モバイルバッテリー」出荷時のプログラムはこちらにあります。自作プログラムを書き込んだあと元に戻したいときは、ご利用ください。

USBドライバーのインストール

 M5Camaeraでは、CP2104というUBS-シリアル変換集積回路を使用しています。USB経由でプログラムを書き込むため専用のドライバーをインストールします。

Windows10

M5Stackのサイトより下記のZipファイルをダウンロードしてください。

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/drivers/CP210x_VCP_Windows.zip

 ダウンロードしたファイルを解凍し、できたフォルダーに納められている実行ファイル(exe)から、OS環境と一致するものを実行してください。

32ビット版OS・・・CP210xVCPInstaller_86_v6.7.0.0.exe

64ビット版OS・・・CP210xVCPInstaller_86_v6.7.0.0.exe

 実行後は、画面の指示に従ってインストールしてください。

MacOS

 M5Stackのサイトより下記のZipファイルをダウンロードしてください。

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/drivers/CP210x_VCP_MacOS.zip

 ダウンロードしたファイルを解凍し、インストールしてください。

※インストール前に、「システム環境設定>セキュリティとプライバシー>全般」を確認し、開発者からのアプリを許可してください。

ArduinoIDEのダウンロードとインストール

 Arduinoはイタリアで開発された小型コンピューターボードです。ボード(ハードウェア)だけでなく、開発環境(ソフトウェア)もオープンソースとして広く公開されており、専門家だけでなく、世界のアーティストや教育関係者に広く使われています。

 このArduinoの開発環境「ArduinoIDE(統合開発環境)」を使って、ESP32プログラムの開発も行います。

ArduinoIDEのダウンロードとインストール

ArduinoIDEは、Arduinoのサイトからダウンロードします。

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

 使用しているシステムに合わせて、必要なインストーラーをダウンロードし、インストールしてください。

Windows・・・通常「WindowsInstaller」を選択します

MacOSX・・・10.10またはより新しいバージョン用です

 財団への寄付を求める案内がでますが、「JUST DOWNLOAD(ダウンロードのみ)」を選択すると、次に進みダウンロードが行われます。

 ダウンロードしたファイルを使ってインストールを行います。Windowsの場合は、インストーラーを実行すると自動的に行われます。

ESP32用コアの設定

 インストールしただけでは、Arduino取扱のボードのみが対象になっていて、ESP32など他社マイコンのプログラムの開発はできません。このIDEには「Core」という仕組みがあり、各マイコン用のCoreを組み込むことで開発可能マイコンを追加することができます。

 次の手順で、ESP32用Coreを組み込みます。

追加ボードマネージャーURLの追加

 ArduinoIDEのメニューから「ファイル>環境設定」を選択し、「環境設定」画面を開きます。
「追加のボートマナージャーのURL」の欄に下記を入力します。

    https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

 OKをクリックし、「環境設定」ウィンドウを閉じます。

ボードマネージャーを使いインストール

 ArduinoIDEのメニューから「ツール」を選び、リストの中から「ボード:XXXX」をクリックすると、マイコンボードのリストが表示されます(「XXXX」の部分は初期値では「ArduinoUNO」が表示されます)。リストの最上部の「ボードマネージャー...」を選択します。

 ボードマネージャーで表示されているマイコンボードリストの中から「ESP32」を選び、「インストール」ボタンをクリックします。インターネットから必要なファイルが自動的にダウンロードされインストールが行われます。

ボード設定

 ESP32用Coreのインストール後、再び「ツール>ボード:」を選択すると、リスト中にESP32関連マイコンが表示されるので、「ESP32 Wrover Module」を選択します。
 改めて「ツール>ボード:ESP32 Wrover Module」を選択すると、各種設定項目も変わります。各項目を次のように変更します(一度に1項目ずつの変更になります)。

 ボード : ESP32 Wrover Module
 Upload Speed : 921600
 Flash Frequency : 80MHz
 Flash Mode : QIO
 Partition Scheme : Huge APP(3MB No OTA/1MB SPIFFS)
 Core Debug Level : なし
 シリアルポート : COM:X   (Xは、デバイスドライバーなどで確認してください)
 書込装置 : USBasp

SPIFFSアップローダー

 M5Cameraプログラムをするだけであれば、以上の準備で大丈夫です。

 一方「走れ!モバイルバッテリー」では、スマホのブラウザで表示されるHTMLファイルを、フラッシュメモリ内に格納していています。このメモリにファイルを書き込むために、「SPIFFSアップローダー」というプラグインを用意します。
 ファイルシステムおよびアップローダーについては、次を参照してください。
  https://github.com/me-no-dev/arduino-esp32fs-plugin

 アップローダープラグインは次の手順でインストールします。
1)ZIPファイルをダウンロードする
2)解凍する
3)解凍してできたフォルダを、Arduinoがインストールされているフォルダー内の「tools」にコピーする
4)ArduinoIDEを再起動する

 

 マイコンモジュールには4MBのフラッシュメモリーが搭載されています。

これは、レイアウト P タグのコンテンツです

これは、レイアウト P タグのコンテンツです